幹細胞とは?一体何?

▼お勧めの幹細胞コスメはコレ▼
↓↓クリック↓↓

70%オフ買えるのはココだけ♪
送料無料・返金保証付き♪

幹細胞とは何?分かりやすく説明します。

幹細胞とは?一体何?

 

幹細胞とは、組織や臓器に成長する(分化する)元となる細胞で、それぞれの臓器に固有で存在します。
幹細胞をうまく増殖、分化させることで、必要とされる細胞や組織を作り出すことが可能です。

 

受精卵が数回分裂した段階で得られる胚性幹細胞(ES細胞)はすべての臓器が作られるので、非常に有効ですが、倫理的な問題を抱えています。2007年11月には、京都大学の山中教授らのグループによって、皮膚由来の体細胞に数種類の遺伝子を導入することで、ES細胞に似た分化万能性を持たせた人工多機能性幹細胞(iPS細胞)を作成することに成功しました。
これにより、人の受精卵を使うというES細胞の倫理的な問題は解消されました。

 

幹細胞とは?一体何?

 

幹細胞の能力

 

細胞にはそれぞれ、決まった役割がありますが、決まった役割を持たずに、いろいろな細胞に変化できる細胞があります。これが、幹細胞です。幹細胞には、様々な細胞になることができる能力(分化能力)と自分と全く同じ能力を持つ幹細胞をコピーする能力(自己複製能)を持っている細胞です。

 

幹細胞は、けがや病気などをすると、傷ついている場所に集合して、集まったところで分化・分裂を繰り返すことで、失われた細胞を再生して、組織機能を修復させる働きをします。

 

皮膚で考えると、幹細胞は皮膚の細胞を作ることもできますが、皮膚の中でメラニンを作るための組織に分化するということも可能になります。組織によって働きは変わってくることが多いですが、そのどんな組織にも分化できる能力を持った組織が幹細胞組織ということになります。

 

できた細胞はその後細胞分裂を繰り返して、組織へと成長していくことになります。
幹細胞は、血液をつくる細胞になることも、骨や軟骨になる細胞を作ることも、筋肉や靭帯になることや神経になることもできる細胞であります。そして、血液をつくる細胞になると、そこで細胞分裂を繰り返して、血液細胞へと変化していくことになるのですね。

 

幹細胞とは?一体何?

 

 

 

幹細胞についてのまとめ

 

幹細胞について調べていきました。幹細胞は体のどんな組織にも分化できる能力をもつ細胞であり、また自分と同じ能力を持つ幹細胞を作り出す能力もあります。
けがや病気をしたときに、細胞は死んでしまいますが、細胞を修復して組織機能を修復させる働きを持つ細胞となっており注目されています。
分化という、その細胞や組織特有の機能を有するようになることで、それぞれの役割をもっていくことになります。細胞というと分裂して同じ特徴のものを作り出すというイメージでしたが、どんな機能の細胞にもなれる能力をもつものであるということです。

 

幹細胞とは?一体何?

 

トップページへ

▼お勧めの幹細胞コスメはコレ▼
↓↓クリック↓↓

70%オフ買えるのはココだけ♪
送料無料・返金保証付き♪